副業の高収入バイトは会社にバレる!?確定申告漏れに注意

副業・Wワークで高収入アルバイトをする場合、キャバクラやラウンジの飲み屋に比べて、チャットレディや派遣登録制のコンパニオンなどは、本業で勤めている会社にバレる可能性が高いと言われています。一体なぜか。お給料の支払い方法が関係しており、現金日払い手渡しではなく、銀行振り込みの場合、税金問題によってバレに繋がってしまうことがあるのです。

住民税から、副業高収入バイトが会社にバレる

副業で高収入バイトをしていることが会社にバレる最大の原因は「住民税」。2ヵ所で働いている場合、役所が住民税を合計した通知書は本業の会社に送付されます。例えば、正社員雇用のOLとチャットレディをかけもちしている場合、チャットレディで稼いだ副収入に対する税金通知も正社員として勤めている会社に届くということ。住民税は給与から天引きが基本。よって、年末調整時に「他のOL女性社員と比べて明らかに住民税が多い」と疑惑の目で見られてしまうのです。しかし逆を言えば、住民税の通知書が会社に届かなければ、副業が会社にバレることはありません。

副業高収入バイトのバレを防止するなら確定申告

確定申告をすれば、会社に副業の収入に対する住民税の通知はいきません。申告時の注意点は、所得税の確定申告書の住民税徴収方法の欄で、「普通徴収(自分で納付)」にチェックすること。これで住民税の納付書が自宅に送付されるようになります。(※確定申告書は国税庁のサイトから無料ダウンロードできます)会社から「どうして住民税徴収方法を変えたのか」と聞かれる可能性もありますので、上手な嘘や言い訳を考えておくことも必要です。

「収入が20万円以下なら副業してもバレない」というのは嘘

副収入が20万円以下なら申告しなくてもいいとか、バレないという話は嘘です(※稀に、申告しなくて良い場合もあります)。たとえ金額が少なくても、副業アルバイトで稼いだお給料は立派な収入のうち。副収入の住民税は自己責任で納付する義務があり、無申告は脱税にあたります。

バレたくなければ事前に税金対策を

現在、会社に内緒で副業高収入バイトをしている女性は増えていると言われています。会社に副業の事実を知られたくない、バレたくないという女性の方は事前に税金対策しましょう。「税金なんて難しくてよくわからない」という場合は、市区町村役所の確定申告相談窓口や税理士事務所に相談してみるのもおすすめです。

お仕事無料紹介に登録する